2006年03月02日

ポジショントーク

株でも、為替でも、よく専門家の意見が紹介されていますね。
大抵、強気と弱気2人を対比させることが多いようです。

マネー雑誌などに、○○証券チーフストラテジストなんて肩書きの人が意見を言っていると私なんぞは、すっかり鵜呑みにしてしまいます。

それでいいのか?!ってことで、元機関投資家として活躍してきた師匠に聞いてみました。

「師匠、専門家の意見って、どうなんですか?」

「強気(買うべし)の人は、所属会社が買い持ちしているから、売りたい。
だから、上がって欲しい。」

「弱気(売るべし)の人は、ポジションが空いている(キャッシュがある)から、買いたい。
だから、下がって欲しい。」

「ディーラーのスペシャリストが、ドル買いと言ったら、ドルの手持ちが多いドルロング。
売りと言ったら、ドルショート、と考えて間違いない。」

「これを、ポジショントークと言う。」( ̄ー ̄)ニヤリ

師匠もかつて、専門家として新聞や雑誌に意見を求められた時は、

常に強気だったとか。今もだけど(^_^;)
何故なら日本の金融機関は株でも債券でも腐るほど持っていたからで、
リコメンド銘柄は?と聞かれれば、1番保有している銘柄を挙げていたそう。

専門家といえども、組織に属するサラリーマンですから、その組織にプラスになることしか言えないんですね。

専門家の意見を参考にするときは、専門家の意見も参考にするといい訳ですね。

FC2ランキング投票お願いします!

ブログランキング投票お願いします!
このブログに一票

***********************
用語解説

ドルロング
思惑(おもわく)でドルの値段が上がるだろうと考えて、ドルを買っておくこと。

ドルショート
思惑(おもわく)でドルの値段が下がるだろうと考えて、ドルを売っておくこと

posted by テン子 at 22:47| 東京 ☁| Comment(4) | TrackBack(1) | 師匠が語る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。