2006年03月13日

流動性の罠

師匠は、福証単独のマルキョウを買おうとしたら、証券会社の若い女性に
「(出来高が少ないので)売りたい時に、売れませんよ。」と注意された事があったらしい。

「全く、3代続く株一族の私に対して何をぬかす!釈迦に説法とはこの事だぞ!」と思ったかどうかは、知りませんが(^_^;)
今日は師匠の考える流動性の罠についてのお話です。

なお、経済用語で「流動性の罠」という言葉がありますが、全く関係ありません。

師曰く・・・

この罠には、機関投資家がまさに陥りやすい。

何かと言うと、日本株の担当者は、一日出来高が最低100万株あるような
東証一部銘柄しか、対象として見ない。

他市場は元より、出来高が10万株未満の銘柄など存在すら知らない。

すべての指標が合格点であっても、見向きもしない。

「何故買わないの?」と問えば、判で押したように、「まとまって買えない。買えば、全部買い終わる前に上がってしまう」「売りたいときに売れない」と答える。

1,000株しか買わない個人投資家がアドバイスを求めても
同じ回答が返ってくる。

変だとは思わないか?

株で儲ける鉄則は、安いときに買って高く売る

安い時は、出来高が少ないが、高くなれば、出来高も信じられない程多くなる。

つまり、売りたい時=高くなった時には、流動性の問題は解決されている。

これは、2部銘柄、ジャスダック、マザーズ、等、いわゆるマイナー他市場の銘柄においても全く同じである。

因みに、証券会社のお姉さんのアドバイスなど鼻で笑って買ったマルキョウ。今や、師匠のご自慢銘柄の1つ。大きく値を上げておりますグッド(上向き矢印)

FC2ランキング投票お願いします!
このブログに一票
ブログランキング投票お願いします!
posted by テン子 at 21:56| 東京 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 師匠が語る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは!

今回の話し(いつもですが)はタメになると言うか・・・
そーなんだよね〜と改めて思わされてしまいます(^_^;)

踊らされず、トレードすることが大事っていつも思いますが・・・
ミーハーなミナカツはすぐに浮いた話しに飛びついております。

しかし今週は、少しユッタリ目に(予定)
トレードすることを心がけようかと思っておりまする(*^_^*)
Posted by ミナカツ at 2006年03月13日 23:06
テン子さん初めまして、るなパパと申します、
ミナカツさんのところから辿って参りました。

「流動性の罠」
今まで疑いも無く当たり前だと思っていた事が間違い
だったと気付かされる内容で、とても大きな衝撃を
受けました。
良い師匠をお持ちのようで羨ましい限りです。
たまにお伺いしますので、宜しくお願い致します。
Posted by るなパパ at 2006年03月14日 00:59
「流動性」分かってはいるんですけどね。少し前に流動性低い銘柄を買ってしばらく置いておいたら、そこそこの利益が出たので売ったら自分の売りだけで買値以下まで値が下がってしまった辛い経験があります。
師匠のように長期投資できれば問題なんですけどね。限られた資金をある程度転がす必要があるので、今はなるべく流動性の高い銘柄を狙おうとしています。
Posted by ヨッシー at 2006年03月14日 19:55
★ミナカツさんへ★
私も、同じく踊らされる側です(-_-;)
そのたびに師匠に小ばかにされてますので、
すこ〜しずつ成長していってると思うのですけど、気のせいかも^_^;
Posted by テン子 at 2006年03月16日 10:28
★るなパパさんへ★
初コメントありがとうございます!
流動性って確かに当たり前のように言われていますけど、上がる時まで待っていられるなら、何も問題ないんですよね。
良い師匠ではありますが、かなり毒舌です^_^;
こちらこそ、よろしくお願いします♪
Posted by テン子 at 2006年03月16日 10:32
★ヨッシーさんへ★
そうですか〜〜。そういう体験があると、あまりに閑散とした銘柄は、ちょっと・・・と思ってしまいますよね。
私も、師匠のように、じゃんじゃん買えないので、売っちゃうと、しばらくして師匠が2倍になったとか3倍になったとか言って喜んでいるんですよね(-_-;)限られた資金の中で、お互いがんばりましょう!
Posted by テン子 at 2006年03月16日 10:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/14766906

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。