2006年03月15日

利益剰余金に注目しよう!

師匠が「すごい銘柄を見つけた」と目を輝かせてやってきました。
まぁ、珍しいことではないですが・・。

師匠の銘柄選択基準は、PBRがポイントとなっています。

PBRは、株価÷一株当たり純資産ですが、

純資産=自己資本は、資本金・資本剰余金・利益剰余金で構成されます。

この中で、もっとも大事なのは利益剰余金である!と、師匠。

師曰く・・・

何故なら、利益剰余金は、税引後の内部留保として、そのまま配当に回す事が可能だからである。

まずPBR0.8倍以下の銘柄について、四季報で利益剰余金をチェックする。

次に利益剰余金と時価総額の比率を見る。

そこで見つけたのが、1981協和日成

なんと利益剰余金63億に対して、時価総額38億

利益剰余金が時価総額の1.6倍もある。

現行の7.5円配当は、これだけで70年継続できる計算になる。

目先の業績は冴えませんが、だからこそ割安となっている。


3/16現在 327円、利回り2.29%、PBR0.52倍という、師匠大好物銘柄の紹介でした。

FC2ランキング投票お願いします!
このブログに一票
ブログランキング投票お願いします!

posted by テン子 at 23:11| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | この銘柄いいかも♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
しかしよくぞ見つけてこれますよねぇ。さすがはお師匠。
私なんて四季報パラパラ見ても見覚えのある銘柄にしか目がいきません。。

協和日成。
これこそ長期銘柄ですよね。
月足で見たらまだ底値っぽいし。
資金の問題もないし。
ガス工事なので過当競争もなさそうだし。

株は老後(?)のことも考えて長くやりたい。
人気重視か安全重視か。
どっちも大切なんですよね。
そこがおもしろくて飽きないんですよネ。
Posted by 招きネコ at 2006年03月17日 01:12
★招きネコさんへ★
そうなんですよ〜。まぁ、師匠は四季報大好きですから、何時間見ていても飽きないと思われますが・・。次から次へと、有望銘柄見つけてきますよ〜。
協和日成は、本社がいい場所にあるので、含み資産も考えると、超安全銘柄ですよね。

確かに、どっちも大切で、決まった正解がないから、面白いんですよね♪
Posted by テン子 at 2006年03月17日 18:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/14898664

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。